<   2004年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2/27

ヘルスセンターに行ってきた。2日前、Albany Medに行ってきて、1,2日の間にヘルスセンターでフォローアップ検診を受けるように言われていたからだ。昨日電話で予約をしたら1時15分に来るように言われたので、その時間に間に合うように、じゅんいちにクルマで連れて行ってもらった。
今朝は熱はだいぶ下がっていたが、頭痛がひどかった。タイレノールというクスリで熱は下がるのだが、頭痛がおさまらない。通常このクスリは解熱鎮痛剤なので、頭痛にも効くはずなのだが、僕の頭痛にはどうも効かない。熱を下げる効果はてきめんだが。
ヘルスセンターではいろいろと質問をされた。鼻血がたまに出ることも告げると、また鼻の中を調べられた。異常は見つからないらしく、やはり空気が乾燥していることが原因だろう、といわれた。今日は鼻にするスプレーをくれた。乾燥したらこれを使いなさい、ということだった。それと頭痛がひどいことも言うと、また違う解熱鎮痛剤をくれた。それを試してみろ、という。夜、さっそく飲んでみたが、どうやら強い薬だ。飲んで5分くらいで目が回ってきたので、ベッドに横になった。確かにクスリの注意書きに、「眠気、めまいを引き起こす可能性がある」とかいてある。
夜の段階で、熱はだいぶ下がっている。37度前後だ。しかし頭痛は相変わらずだ。医者によると高熱の影響だろう、という。確かにそんな気もする。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-29 01:23

2/25

昨日はとてもではないが日記を書く元気はなかったので、今これを書いているのは26日の11時だ。ちなみに今日は授業に行くことができなかった。
この日、これまでの人生で、最高の熱が出た。夕方5時頃計ったところ39.5度。久しぶりに高熱でうなされる感じだった。バファリンを飲んでも熱が下がらなく、仕方がないので夜、Albany Medical Centerに行った。病院に行くと少し安心する。今この時期、アジア人が高熱というといろいろと疑われるのではないかと思った。鳥インフルエンザなどが話題になっているし、SARSもまだ問題があるだろうし。夜間、病院の営業時間外に行くということ自体久しぶりだった。日本で記憶にあるのは、いつだったか茅ヶ崎市立病院にいったことだ。
いろいろと調べられた。結果として特にインフルエンザというわけでもなく、伝染病の類でもないといわれた。これを飲みなさい、といわれて飲んだクスリはタイレノール。アスピリンを飲んでも効かないと言ったらそれをくれた。飲むと10分くらいで大量の汗が出てきた。それと同時に体がラクになってきた。
聴診器を使い、いろいろと調べていたが、心臓の音が少しおかしい、という。これは高熱のためだと思われるが、万が一ということがあるので血液検査をしよう、といわれて、血を抜かれた。しかも、3回も注射をして血を抜いた。そもそも以前、ヘルスデパートメントで血液検査をしているし、問題はもちろんないだろうが、念のため、やらせてくれ、といわれた。まあ問題はないが。血を抜くのは20分後とに3回抜いた。つまりそれだけで1時間かかった。血を抜きにやってきたナースは以前、SUNYの英語集中講座で英語を教えていた、と言っていた。英語教師からナースに転身したらしい。確かに彼女の英語は非常にわかりやすかった。
病院に行ったのが9時少し前、帰ってきたのは12時近かった。しかしこのときだいぶ楽になっていて、眠ることができた。
ちなみに昨日、授業が二つあったのだが、夜の授業には出ることができなかった。Financeには行ったのだが、おそらくあの時すでに熱がだいぶあったのだろう、講義を聴いていられる状態ではなかった。しかし昨日はクイズがあると思っていたので、行ったのだった。そして実際、クイズがあった。しかしそのクイズも意識朦朧としながらやらなくてはならなかった。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-29 01:23

2/24

こんな夢を見た。
僕は空を飛ぶことができた。軽くジャンプをするとそのまま飛んでいくことができた。ある日、おそらく天気がよい日、日本だと思われるが、空を飛んでいた。地上には松の木がたくさん生い茂っていた。すると下から「渡邉、渡邉」と呼ぶ声がする。降りていってみると、勤めていた頃の上司だった蒲田支店の支店長が手招きをしていた。降りてきた僕に支店長は尋ねた。「お前、銀行にいたときも飛べたのか」「はい、飛べました」躊躇なく答えた。「わかった、俺は聞かなかったことにするから、黙っていろよ」と言われ、「わかりました」と答えて僕は飛び去っていった。遠くまで飛びたいときは、高度一万メートルまで上がっていかなくはならなかった。雲の上を飛んでいるところまでは覚えているが、それ以降は記憶にない。
今日は退屈なBusiness Planningの授業だった。来週プレゼンをしなくてはならないのだが、なんとか他のメンバーにやってもらいたい。ビジネスプランというだけあって、発表の日には、ゲストが来て、僕らのプランを評価する。彼らはNY州の中小企業開発部門の人、HSBCの人、もう一人は誰だったか忘れた。いずれにせよ、そんな中でプレゼンはしなくない。
昼ご飯としてお茶漬けを食べた。実家から送られてきたお茶漬けだが、これは永谷園のものよりはるかに質がよい。のりがたくさん入っている。
宿題をやっているのだが、眠くなってきたのでもうねることにする。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-25 20:26

2/23

午後からファイナンスの授業に行った。宿題をとりあえず午前中に終わらせたのだが、どうも完全にやり終えた気がしない。計算はできるのだが、それをどう解釈するのかが今ひとつ不明確だ。もっとも、そこを自分で考えさせ、そして授業で種明かしをする、というのが教授の常套手段だ。
家を出ていつものようにポストを見るとアマゾンの箱が届いていた。アマゾンの箱ではあるが、アマゾンから直接届いたものではない。アマゾンの中古市場で、先日本を買ったのだが、それが届いたのだ。この本、Financial Managementという本なのだが、すこしばかばかしい経緯で買うことになった。去年とっていたFinance525のテキストでもあったのだが、今学期のFinance635のテキストでもある。なのだが、実は去年、FIN525が終わったときに売ってしまったのだ。また必要になるなどとは思いもしなかった。しかし最近卒業後のことがだんだん具体的になってきたり、勉強の興味がはっきりしてきた関係で、この本は持っておきたいと思うようになったため、買うことにしたのだ。この本を買うのは2度目、1度売った。へんな事をしている。唯一の救いは、去年ぼくが売った値段よりも、今回買った値段のほうが安いということだ。
この本を持って学校に行ったのだが、何せ重い。1050ページもあるハードカバーの本は、バックパックに入れているだけで肩に負担がかかる。
授業は普通によかった。
授業が終わった後、サイエンスライブラリに行った。TCP/IPに関する本が見たかったのだ。なかなか見つからず少し苦労したが、ようやく見つけ、借りてきた。図書館では2冊の本を借りたので、帰ってくるとき荷物がいやに重かった。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-24 11:12

2/21

だいぶ暖かくなってきた。その証拠に今、外は雨が降っている。雨はおそらく、今年に入ってはじめてなのではないだろうか。
今日は今現在夜の8時になるまで、外に出ていない。
今朝じゅんいちが部屋にやってきたと思ったら、小包を持ってきた。昨日、不在通知が郵便ポストに入っていた。今日は再配達で持ってきてくれたのだ。ぼくの部屋はうちの入り口から一番遠くにあるため、ドアをノックされても気付かないことがおおい。昨日もぼくは家にいたのだが、気付かなかった。ちなみに珍しく昨日はじゅんいちが出かけていた。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-24 11:12

2/20

クリスと会うはずだったのだが、結局今日は個々に準備をすすめるということで、学校には行かなかった。ちょうどよかった。あまり学校に行く気がしなかった。そうではあったが、Staplesに行った。Financial Calculatorがほしかったからだ。今学期、Financeを取っているが、なかなか面白い。一年前の2003年春学期、やはりFIN525を取ったが、これはもちろん必修で、あまりよい先生ではなかった。このときの先生はFeugere、彼はFinanceの先生ではなく、Economicsが専門だ。彼がFinanceを教えるということにそもそも無理があったのだ。しかし今学期とっているFIN635のSmith先生は、Financeが専門であり、CFA(Certified Financial Analyst)の資格も持っているまさに金融の専門家だ。話も面白いし、その話の内容を彼自身よくわかっている、ということがよくわかる。この授業で、Financial Calculatorがあると便利なので、買ってきた。そもそも一年前のFinanceでもあれば便利だったのだが、買うことはなかった。これは教授の質も関係しているような気がする。今学期のSmithは話が面白いから、ぼくも勉強したいという気になる。だから金融電卓がほしくなるのだ。一年前には、それがなかった。
買った金融電卓はTI製で、CFA試験の公認電卓だ。アメリカで金融電卓というと、TI製かHP製のどちらかが事実上の標準だ。この電卓を使い、Financeの宿題をやった。しかし、家でFinanceの問題を解く場合、もっと簡単に回答を出せる道具がある。それはMS Excelだ。これを使うととても簡単だ。しかし金融電卓になれるという意味も含め、電卓で計算した。エクセルよりは時間がかかるが、それでも今までの通常の電卓や、関数電卓を使って計算するよりはるかに早い。計算の煩雑さは通常電卓>関数電卓>金融電卓>エクセルの順だ。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-22 02:29

2/19

普通に授業には行った。何人来るか見ものだったが、けっこう来た。ランジットがきていなかったのは意外だった。彼女はぼくらのクラスでも優等生だ。クラス自体は早く終わった。今日でヤシャの授業は最後で、来週からこの授業はサンジェイが教えることになる。そのためにテキストブックを買わなくてはならないのだが、それをいかにして安く上げるかということで、今方法を考えている。買わない、というのが一番の方法だが、本のタイトルがSecurity in Computing、なかなか評判がよい本なので、ほしい。やはりオンラインが一番の方法だろう。
授業が終わって、ようやくだが、ヘルスセンターに行った。昨日、予約すればよかったのだが、昨日の午後からは全く問題がなかったので予約を取らなかった。行かなくてもよさそうなものだが、時間があるから行ってきた。
今日の医者は怖いオバサンだった。質問する話し方が怖かった。結果は、特に異常は認められない、おそらく部屋が乾燥しすぎているのが原因の一つだろう、加湿器を買ってきてつけておくようにしろ、といわれた。加湿器はスチーム方式ではなく、冷水型(?)にしろといわれた。そんなものがあるのだろうか?ウォルマートで売っているといわれたので、週末にでも行ってみようと思う。10ドルくらいであるはずだといわれた。
家に帰ると、春田先生から絵葉書が届いていた。先日就職が決まった、といって出した手紙に対する返事だった。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-20 19:35

2/18

ファイナンスの宿題は思ったより簡単に終わった。授業に十分間に合うように準備をしていたら、突然鼻血が出てきた。今日はなかなか止まらず、もう少しで授業をスキップしてしまうところだった。何とか行くことができたが。
今朝アマゾンにいらない本を出品したところ、さっそく一冊売れた。Information Technology Project Managementという本で、今後のぼくの仕事にも関連しそうな内容なのだが、この本はいただけない。指定テキストだったから先学期買ったのだが、内容はたいしたことはない。日本に持って帰るものめんどくさいから売ることにしたのだが、出品して1時間弱で売れた。その他にも2冊出しているが、まだ売れていない。アマゾンで売ると高く売れてよい。
授業が終わってから郵便局に行き、この本を郵送した。送り先はバージニア州。アメリカの中ではそれほど遠くはない。
夜ご飯、野菜炒めを作った。最近、またキャベツが安くなってきた。大体一個1ドルくらいだ。キャベツとニンジン、たまねぎと豚肉。これで十分だ。
明日の授業は果たして何人学生が来るか見ものだ。先週テストが終わって、この教授に関してはもうテストがないのだ。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-19 09:34

2/17

夜ご飯、アイコ/イッコウの家でなべをご馳走になった。じゅんいち、ひろ子さんもきた。あれは水炊きというのだろうか、チキンのあっさりした鍋だった。帰ってきてそれほど遅くはなかったのだが、明日のための宿題をやる気がしない。というか先ほどまで、明日は完全に授業がないものと信じていた。夜の授業がないため、かってに昼のファイナンスも休みかと思っていたが、一応念のためシラバスを確認したらしっかりとある。宿題をやらなくてはならないが、それは明日の朝起きてからやろう。明日の授業は1時半からだ。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-19 06:05

2/16

今日はものすごく寒くなるという天気予報だったのだが、それほどでもなかった。ここも寒さの峠は越したのだろう。
じゅんいちにBarns & Nobleに連れて行ってもらい、一冊本を買ってきた。新しくはないが、”The Lexus and the Olive Tree”という本だ。日本でも和訳が出版されているほど世界中で売れた本だ。なぜか急に読みたくなったので買いに行った。じゅんいちは連れて行ってくれたのはいいのだが、僕が本を探している間、ずっと僕の後ろについてきた。本屋なのだから自分で読みたい本を探せばよいのに、と思った。
洗濯もした。
夜、カレーを作って、浩ちゃんを呼んだ。じゅんいちが言うとおりに作るとなぜか甘いカレーができる。たまねぎの炒め具合が足らないような気がする。今日は僕がやったためやらなかったが、彼はカレーのルウを味噌汁の味噌のように一つ一つおたまでとく。それをしないとカレーが固まると信じている。それをやらずに僕がルウを放り込んだら、不満そうだった。もっとも、ルウの塊などもちろんなかったが。
[PR]
by yskwtnb | 2004-02-17 22:56