4/20

卒業後働く会社はすでに決まっているのだが、そのためのプロセスについて少し疑問があった。前回Eメールをもらったとき、「5月に入ったら日本語の履歴書を送ってほしい」といわれていた。もうすぐ5月なのだが、これは僕が帰国してから送ってほしいという意味なのか、あるいはこちらから送るべきなのか、それがわからなかったので、メールで問い合わせた。その返事が今日来たのだが、どうやらこちらから送るほうがよさそうだ。それほど急ぐわけでもなさそうだが、それでも早めに準備をしたほうがよい。日本語の履歴書を書くのは久しぶりだ。
そのEメールの中で、「6月1日から仕事を始められますか?」と尋ねられた。前回までの話では6月15日あたりから始めるような雰囲気だったが、「その後当部の状況が変わり、なるべく早くがよいと考えています」ということだった。僕としては早く仕事を始めることに何の支障もないし、というよりむしろ早く仕事がしたいので、おそらくは6月1日から働くことになるだろう。
朝バスに乗ったら、珍しくイッコウが乗っていた。今学期この時間のバスではじめて会ったため、おそらくは授業ではないと思ったが、やはりそうだった。彼は今ヘルスセンターで働いているのだが、その仕事のために朝早くからバスに乗っていたのだ。週10時間働くらしいのだが、その10時間はいつでもいいらしい。朝はヘルスセンターもすいていてラクだから朝に集中的に仕事を入れるようにしている、と言っていた。彼も今学期が終わると日本に一時帰国するのだが、どうしてもNWで帰りたい、と言っていた。マイレージポイントをためているというのが理由だが、NWは少し高いらしい。
昨日ファイナンスのペーパーで疑問であった点をエレンと話し合った。彼女は僕の疑問点を理解してくれたと思うが、どうやら僕が考えるほど深くは考えていなかったようだ。それならば僕もそんなに遠くまで行く必要はないのか?と思ったが、一度やり始めたので、何とかこのまま格好をつけようとおもう。
夜ご飯を作っていたら、じゅんいちが話しかけてきた。すでに論文は提出し、あとは教授からの評価を踏まえて手直しをするのみらしい。つまり教授から論文が戻ってくるまではヒマらしい。今日はこれから映画を見に行くといっていた。一人で行くのだろうか?あえて聞かなかったが、多分そうだろう。
今夜はこれから明日あるであろう(いや、必ずある)ファイナンスのクイズの準備をする。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-21 20:08

4/19

好奇心から、いま現在の気温を調べてみた。88度、となっていたのだが、ぴんと来ないので、電卓で計算してみた。摂氏31度!これにはびっくりした。確かに今日は暑い。半そでのTシャツでないと汗だらけになってしまうほどだ。しかし31度はないだろうと思う。
朝から非常に暖かかった。何を着ていこうか迷ったが、半そでのTシャツを着て、その上にシャツを羽織って出かけた。しかし結局、このシャツは全く用なしだった。
AmnetトラベルからEメールが届いていた。今、帰国のための安い航空券を探している。2日くらい前には、もうHISで買おうと半ば決めていた。チケットを探し始めてもう1週間以上になるが、HISで見つけた600ドル(Albany – Tokyo)よりも安いものが見つからなかったからだ。しかし今日AmnetからもらったEメールでは、545ドル、とあった。55ドルも安い。すかさず第一候補はこれに移った。ついでにIACEにも電話してみた。すると540ドル、という。ここ一週間くらい値動きがなかったのだが、今日になって少しだけ動きが感じられる。すかさずIACEを予約し、購入期限を聞いた。さらに調べようと思う。
ファイナンスが終わって、帰ってきてからずっとファイナンスのペーパーに取り組んでいる。少し難しい。質問があってエレンとチャットをしたが、どうも腑に落ちない点がある。明日エレンと会って話をすることになった。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-20 19:56

4/16

非常に天気がよい日で、昼間外に出たときには半そでのTシャツを着て出かけた。
洗濯に行った。金曜日の昼間ということもあり、ランドリーには誰もいなかった。
ドライヤーを使って洗濯物を乾かしている時間を使って、プライスチョッパーに行ってきた。一度財布を取りに家に戻ったのだが、そのときじゅんいちがでかけるところだった。とても暖かい日だったので僕は半そでのTシャツだったのだが、彼は相変わらず革のハーフコートを着ていた。そんなものを着ている人は、外を歩いていても誰もいない。よっぽどあのコートが気に入っているのだろう。
午後、ファイナンスの勉強をしつつ、昼寝などをしていた。部屋にいても暖かいため、どうも眠くなる。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-17 23:21

4/15

今日の授業の内容はコンピュータセキュリティ、僕の仕事に直結する内容だ。それだけに集中して聞いていた。トピックとしては悪くない。
午後二時にモハン博士と会う約束があったので、クリスと二人でコンピュータラボで待っていた。すると2時少し前、2時半に変更してくれ、とモハン博士から電話があった。クリスは明日朝早くからNYCでIBMの面接があるため、今日の夕方NYCに移動する予定だったため、このミーティング時間の変更をひどく怒っていた。
ミーティングが始まって、すぐにクリスは帰った。電車に乗らなくてはならないため、それほど長い時間博士のオフィスにいることはできなかった。クリスが帰った後、久しぶりに僕が博士のEメールを書いた。隣で博士が話していることをタイプするのは相変わらず面倒くさい。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-17 23:20

4/14

クリスが体の調子がよくないようで、何度かメールをくれている。カンクンでなにをやっていたのだろうか、あるいはカンクンは関係ないのかもしれないが、いずれにしても体調がよくないようだ。
ファイナンスの授業はデリバティブスの講義で、少しだけ難しくなってきた。難しいのだが、こういったことは当然、全ての企業が意識していなくてはならないことだ。もし知らないのならば、その企業は必要のないリスクに直面しなくてはならない。最後のセメスターだが、改めてこの授業を取ってよかったと思う。
おととい自動販売機でコーラを買ったら、当たりが出た。キャップを持っていけばどこでも無料で一本コーラがもらえる。授業が終わった後、バニーと一緒にキャンパスセンターに行った。彼女はサンドイッチを買うためにそこに向かっていた。
夜の授業が始まるまでMISラボにいた。ランジットがTAをやっているため、その授業を取っている学生達がたくさん質問にきていた。その中に一人日本人がいた。以前ランジットに、「この学校に妹はいる?」と聞かれたことがあった。彼女がアシスタントをしているクラスに「ワタナベ」という苗字で、「Y」から始まる名前の女の子がいるらしかった。今日、その人もランジットに質問をしにきていた。渡辺由美子さん、ビジネス専攻の3年生だった。少し話をしたが、僕は授業の前だったので、あまり込み入った話をすることはできなかった。彼女も回りに日本人がいない状態で頑張っているようだ。
今日、Empower SolutionsからいっせいにOfferが出たようだ。サシャ、ベン、マット、ダンなどがオファーをもらったらしかった。われわれMIS専攻からはマットがもらったので、だいぶよい就職状況になってきている。クリスが早く決まってくれればいいのだが。そのクリスは確か今週末にIBMのインタビューがあるといっていたが、あの状態で大丈夫なのだろうか。今隣の部屋でミンチョルが電話をしているが、ずいぶんと大きな声で話している。なぜあそこまで大きな声をだすのだろうか?笑っているが、怒っているようにも聞こえる。
明日はモハンとミーティングがある。なんとかクリスにきてもらいたいものだ。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-15 13:26

4/13

昨日のファイナンスは選択科目であったため、今日がブレイク後はじめてMBAのクラスメイトたちに会った。火曜、木曜はいつも朝、バスでサシャに会う。今日もそうだった。サシャはスーツを着ていた。聞くと、SAPから卒業生がやってきて、HRの学生をリクルーティングするという。HRはそういう機会が多い。彼は僕とは違う授業を取っているため、学校についてから別の教室へ向かった。ニヤンに会った。彼もスーツを着込んでいた。ニヤンと話をしたのは久しぶりで、休みにサンフランシスコに行ってきた、といったら、それはすばらしいことだ、楽しんできたか?などといわれた。
授業に来ている人数は少なかった。マイクとマットは、信じられないことだが、フロリダに遊びに行っていて、今週末に帰ってくる予定らしい。フロリダに行くことは知っていたが、一週間も授業を休んでいくとは知らなかった。そして今まだなぜだかわからないが、クリスも今日の授業にはいなかった。
授業中、マイクとマットが帰ってきていないため、Labではクリスティと二人で作業をしなくてはならなかった。作業をしながらおしゃべりをしていたら、この休み中に彼女が、仕事が決まったことを聞いた。Eli Lillyからオファーをもらったらしく、とても喜んでいた。すばらしい会社であり、こういった会社に友だちが就職できるということを、僕もうれしく思う。Fortune Magazineのランキングによると、この会社は製薬業界ではアメリカ第二位(Johnson & Johnsonに次ぐ)であり、Global Most Admired Companiesの44位にランキングされている。4時間のインタビューを受けた、と言っていた。
昼に授業が終わり、すぐに帰ってきて昼寝をした。
夜は明日提出のペーパーに取り組んでいた。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-14 23:39

4/12

ファイナンスのクイズがあった。出題範囲はすでに教授がクラスでアナウンスしていたのだが、その範囲の中でひとつだけわからない点があった。AMIRのホームページで公開されているウェブ講義に関するものだったのだが、やはりこの点についての問題は正答を書くことができなかった。それ以外は、少しの勘違いはあったが、まあ問題ないなかったように思う。
エレンと話をしたところによると、彼女らは結局ケベックには行かずに、ボストンにいったようだ。ボストンでまたしてもロブスターを食べたといっていた。
なにせ10日ぶりに学校に行ったので、バスに乗ってもなにか新鮮な感じがした。今日会ったクラスメイトはエレン、バニー、サシャ、ベン、トニアの5人だった。
帰ってきて少し昼寝した。ミンチョルが昨日どこからか大きなケーキをもらってきて(誕生日だったのだろうか)、ぼくとじゅんいちに「食べてくれ」といってくれたので、帰ってきてから少し食べてのだが、胃がもたれて仕方がなかった。異常に甘いケーキだった。
夜ご飯、またしても野菜炒めを作ったが、今日はナスを入れてみた。しかしナスの土臭さが残って、あまりよい組み合わせとは思えなかった。
今夜はこれから水曜日提出のケースに取り組む。ファイナンスの復習も必要だ。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-13 10:02

4/11

早稲田大学大学院の植草教授が手鏡で女子高校生のスカートの中をのぞいて、品川駅で現行犯逮捕された、というニュースを見た。なんとも情けない。あれほどテレビなどにもよく出てくる人がくだらないことをしたものだ。
明日はいよいよ学校が始まる。いきなり初日からクイズがある予定なので、その準備をしていた。ほぼ一週間勉強から遠ざかっていたのでペンを握る手になんとなく違和感がある。この感覚は中学生のとき、ア・テストが終わったときにも感じた。
夜、音楽を聞きながら、一人でウイスキーを飲んでいた。自分でウイスキーを買ってくることはないが、いつだったか飲み会をしたときにみんなで買った残り物があったのだ。そのときにやはりみんなで買ったピスタチオもあったので、しばらくそれらを楽しんでいた。
サンフランシスコで撮った写真をようやくパソコンに取り込んだ。一人で旅行していたため、僕自身は写っていない。しかしサンフランシスコの空の青さなどは十分に伝わってくる。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-12 20:43

4/9

朝7時に家から電話がかかってきた。僕は寝ていたが、じゅんいちが電話を取り、子機を持ってきてくれた。話が済むともう一度寝た。
起きたのは9時過ぎで、非常におなかがすいていた。旅行に出かける前に食べ物をカラにして出かけたため、買い物に行かなくては何も食べるものがなかった。12時頃プライスチョッパーに出かけた。ナスやマッシュルーム、パスタやチキンを買ってきた。
昼ご飯はナスとベーコン、マッシュルームを入れたしょうゆ味のパスタにした。案外うまくできた。しょうゆ味のパスタというのは実家近くのゴルフ練習場のところにあるパスタやで食べて以来のような気がした。
食べ終わってもう一度寝てしまった。
結局疲れていたのか、そのままグデグデしていた。夜も勉強するつもりが、もうすでに眠い。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-11 11:37

4/8

Albanyに帰る日だった。YMCAをチェックアウトするために1階にある事務所に行った。この旅行中ずっとヤンキースのベースボールキャップをかぶっていたが、それを見た事務員は「野球は好きか?」と聞いてきた。Yes、とこたえると、昨日の松井の活躍を見たか?と聞かれた。松井とはヤンキースの松井秀喜ではなくて、メッツの松井稼頭央にことだ。昨日の開幕戦で先頭打者初球をホームランにしたのだった。そのことは昨日、図書館でみたヤフーのホームページで知っていた。なんともドラマチックなことだ、と彼は言っていた。また彼は野茂が好きで、ぜひサンフランシスコジャイアンツに来て欲しかったといっていた。LAにいってしまったのは残念、というよりも”Damn!”と言っていた。
BARTにのり、空港に向かった。デルタ航空がどこのターミナルビルから出発するのかは全く知らなかったが、空港近くの駅に行けばわかると思っていた。
Civic Centerで乗った電車は、空港までは行かないものだった。それとは知らずに乗ってしまい、車内放送で空港に行きたい人は途中で乗り換えなくてはならないことを知った。聞き逃していたら乗り換えが面倒くさくなるところだった。
デルタ航空は第一ターミナルから出発することになっていた。来たときは意識していなかったが、ここは僕が到着したのと同じビルだ。考えてみれば当然だろう。
手荷物検査を受けようとしたら、搭乗券を受け取ってからにしてくれ、といわれた。以前JFKで、建物に入るときに手荷物検査を受けたことがあり、ここでも最初に検査をするのかと思っていたら、チェックインカウンターはちょっとわかりづらいところにあった。人がけっこう並んでいたが、僕は預ける荷物がないため、自動チェックインキオスクでチェックインした。自分のSky Mile member numberを入力すると、すぐに搭乗券が印刷されてきた。しかしこの搭乗券、ペラペラの紙に感熱紙印刷されているだけだ。つまり搭乗するときに回収するチケットは、航空会社にとってそれほど重要ではないのだろう。
手荷物検査では、僕のバックパックは二回検査された。いろいろと詰まっていたからかもしれない。電圧変換器、シェーバー、デジタルカメラ、いろいろと入っていたので、X線で透視する機械の警報が鳴った。
検査が済むと、次はもう搭乗を待つばかりだ。ずいぶん時間が余ってしまったが、あせるよりはいい。YMCAからもらってきたオレンジをここで食べた。
飛行機ではまたしても3列シートを独占できた。紀伊国屋で買った宮本武蔵を読んでいたらあっという間にシンシナティについた。この飛行機の中で乗り換えの飛行機はB25ゲートから出発、とアナウンスがあった。シンシナティにつくと、時差の関係で3時間損をした気分になる。10時半の飛行機に乗ったが、4時間半のフライトを経て、時間は5時半だった。おなかがすいてきたのでシンシナティの空港でマクドナルドにいった。
しばらくのんびりして30分前にB25のゲートに行くと誰もいない。どうやら出発ゲートが変わったようだ。インフォメーションデスクで尋ねると、C25に変更になった、という。そこへ行くためには地下鉄に乗って隣のターミナルまで行かなくてはならない。シンシナティは広い空港なのだ。しかし問題なく正しい搭乗口に行くことができた。
Albanyについたのが午後9時頃、外に出るとサンフランシスコとは比べられないほど寒いと感じた。タクシーに乗り家へ帰った。
この旅行により、僕が足を踏み入れた州が2つ増えた。僕が踏破した州:New York, New Hampshire, Maine, Rhode Island, Connecticut, Massachusetts, New Jersey, Georgia, Hawaii, これに今回KentuckyとCaliforniaが加わった。
[PR]
# by yskwtnb | 2004-04-10 13:09